一日葬(ワンデーセレモニー)とは本来は前夜に通夜式の法要を行い…。

一日葬(ワンデーセレモニー)とは本来は前夜に通夜式の法要を行い、翌日に葬儀と二日またいで実施されるお葬式を、お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)とは一昔前は前日に通夜式の祭事をし、次の日に葬式と二日またいで取り仕切られる葬儀を、通夜を執り行わない一日で終了する葬儀式の流れです。
古くから地元密着というセレモニー会社がほとんどだったようですが近頃はご家族の思いを大事にする業者など、特徴を発揮した、葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)も見られます。
関わりのある寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)が理解していない、自身の家の宗旨宗派があやしい方は、第一は実家や本家に伺ってみましょう。
ボリュームや種別によって信用が変化することなく葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)の姿勢や考え方電話応対や訪問時の接客サービスで、裁定することがポイントになります。
お好みの祭壇色々な僧侶たくさんの会葬者を集めた葬儀としても、冷え冷えとした空気が張り詰める葬儀もあるし、大きな寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)に大きなお墓を建てようが、墓守をする人が来ないお墓もある。

だけど近頃は火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)のみの方や家族葬を希望する方が増加中ですので最後は一番落ち着ける場所でと、自宅に帰りたいと希望する方も多くなっています。
葬儀と告別式とは元来別で仏教のお見送りの儀式では先ず第一に僧侶による読経などが施されて、続いて告別式、主にご家族ご親族が故人とお別れする会が、施されています。
無宗教のお見送りの際は自由にできる一方でそれ相応のシナリオを作り上げる、条件があり、お望みや想いをもとに、葬式を作り上げる、流れが通例です。
ご一家と限りのある人達を誘いだして、お別れを行う、セレモニーを、「家族葬」と言われるようになり、ここ数年、普及して、きたそうです。
一つの例として葬儀会場のことにしても見事なホテルの会場が良いという願いもあれば、寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)の格式高い情景のなかで、お別れを希望するご家族もおいでになるようです。

通夜と言う式典を成し遂げることで近しい人の死というつらい現実を受け入れ、新しい人生をスタートする、大きな一歩となります。
今どきは斎場と言っていますが今まで祭祀儀礼を進行する場所および、祭祀儀礼を営む施設全般を呼ぶ言い方であり、通夜葬儀のみ行う施設で斎場と称するようです。
お通夜は以前は身内が一晩中亡くなった人にお供するものでしたが、現今では宵の口に終わる半通夜がメジャーです。
近年までは通夜式は故人と仲の良い人が徹夜で仏に寄り添うというのが一般的でしたが、現在は参列者をお呼びして通夜を執り行い、2時間程度で終わるのがだいたいです。
家族葬セミナーや終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)勉強会や家族葬ホール見学会などをしていますので、いったんはそういうのに参加するのをアドバイスしています。