南無阿弥陀仏をとなえてみよう

南無阿弥陀仏をとなえてみよう

「南無阿弥陀仏」

この六文字は、浄土真宗の教えを最も端的に表す言葉です。

「南無」とは帰依の意味であり、親鴬は「南無阿弥陀仏」とは「阿弥陀仏が

〈私にまかせよ。必ず救う〉

と直々に呼びかけてくださること」ととらえています。

つまり、私たちを救うために名のり出てくださった仏様の名号(名前)なのです。

名号

阿弥陀仏は、自らの存在を名号として私たちに知らせ、

ふだんは不平不満しか出てこない私たちの口から「南無阿弥陀仏」の言葉となって現れてくださるのです。

そして、自らの名号にこめて

「大丈夫だよ。必ずあなたを浄土に導こう」

というメッセージを届けてくれます。

そのメッセージを疑いなく信じて身をゆだね、

「ありがとうございます、阿弥陀様」と念仏する。

それが浄土真宗の念仏です。

「南無阿弥陀仏」は功徳そのものです。

そしてまた感謝の言葉でもあります。

 

極楽浄土 一切の苦しみから解放される

 

浄土真宗のルーツは中国から伝わった「浄土教」にあります。

浄土教とは、私たちがこの世での命を終えたときには阿弥陀仏の力によって極楽浄土に必ず往生させてもらえるという教えです。

この浄土教を基本として「阿弥陀仏の救いをよりどころに、安心して生きよう」と説いたのが、浄土宗や浄土真宗などの宗派です。

ここでは、「阿弥陀仏」「浄土Ⅱ極楽浄土」「浄土往生」という、

浄土教のキーワードを解説しましょう。

浄土教

阿弥陀仏(阿弥陀如来)は浄土真宗の本尊です。

本尊とは信仰のよりどころである仏様のこと。

お釈迦様は、「仏教Ⅱ幸せに生きるための教え」をわかりやすく説きました。

それがのちに経典(お経)になります。

お経では、多くの仏様たちが登場し、私たちを助けてくれたり、願いをかなえてくれたりします。

有名どころでは、阿弥陀如来、薬師如来、大日如来などがいます。

お釈迦様は、阿弥陀仏について次のように語りました。

「阿弥陀仏は、もとはある国の王だったが出家して法蔵菩薩と名のり、あらゆる人々を苦悩から救うために四十八の誓いをたて、長い間修行し、とうとうさとりを開いて仏(如来)となったのである。

そして、誰もが幸せになれる仏の国(極楽浄土)をつくり、そこに未来永劫、人々を仏にさせるために迎え入れているのだ」この物語が書かれたものが『無量寿経』(兇ページ参照)という経典です。

「無量寿」とは、永遠の命のこと。

阿弥陀仏は別名「無量寿仏」とも呼ばれます。

このように『無量寿経』には、

欲や執着など煩悩に支配されている私たち凡夫を見捨てずに一人残らず、

永遠に救いつづけるために仏となったという阿弥陀仏出生の目的が解き明かされています。

そして「浄土往生」とは、阿弥陀仏の極楽浄土に生まれ変わることです。

極楽浄土は、死後に行く単なる〃あの世″というわけではありません。

現世が迷いであることに気づかせる世界であり、迷える人々を救いとって仏とさせる〃さとりの世界〃なのです。

本来は形のないさとりの世界を形に表して人々を導くのです。

浄土とはそれぞれの仏様のつくった国のことで、仏様の数だけあります。

なかでも、絢燭豪華ですばらしい様子が『阿弥陀経』に書かれていることから、浄士といえば阿弥陀仏の「極楽浄土」を指すようになりました。

仏教では、人は亡くなると生前の行ないの結果、いくつかの世界に生まれ変わるろノ、どうてんどうにんどうしゅらどうちくしようどうと教えています。

その一つである欲界は、六道(天道・人道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道)に生まれ変わり、無限に苦しみが続く「六道輪廻」の世界です。

一方で、二度と輪廻しない世界である仏の国に生まれ変わることで、一切の苦しみから解き放たれる「浄土往生」があります。

だから、人々は徳を積んで浄土往生しようと思うのです。

しかし、人間の暮らしは殺生をせずには成り立ちません。

高額なお布施をする余裕もありません。

死後の輪廻を恐れて、現世(人道)を不安にまみれて暮らすことになります。

だからこそ、親鴬の説いた教えは万人に受け入れられたのです。

親鸞 銅像