悪人だからこそ救われる?

悪人だからこそ救われる?

「善人なほもって往生をとぐ、いはんや悪人をや」(善人でさえ浄土往生できるのだから、悪人が往生できるのはなおさらのことである)『歎異抄』にある親鴬の教えのキーワード「悪人正機」です。

「正機」とは「正しいめあて」という意味で、阿弥陀仏の救いのめあては善人よりも悪人であるといっているのです。

ふつうなら、「悪人でさえ往生できるのだから、善人が往生できるのはなおさらのことである」と考えるところですが、阿弥陀仏はあえて、「悪人をこそ、救おうとしている」といいきったのです。

とはいえ、さすがの親鴬も悪事をはたらく人が真っ先に救われるといったのではありません。

もちろん、阿弥陀仏が必ず救ってくれるのだから悪いことをしてもいいとすすめたわけでもありません。

ここでいう「悪人」とは、自分は煩悩にまみれた救いようのない人間だと自分のあさましさをよくわきまえた人のことです。

親鴬は自分自身、欲張りで怒りっぽく、すぐに腹を立て、ねたみ性で、

そんな煩悩が臨終まで消えることがない悪人であると認めたうえで、

阿弥陀仏はそうした自分のようなものを第一に救おうとしてくださっているのだというのです。

阿弥陀仏

一方、親鴬がいう「善人」とは、善行を積んで浄土往生したいと願っている人のことです。

しかし、自力でどれほど修行をしても、阿弥陀仏の救いなしに往生することはできません。

つまり悪人であっても善人であっても、人間はすべて阿弥陀仏に救っていただくしかない凡夫なのです。

だから親鷲は、自力の心を捨て阿弥陀仏の救いを疑いなく信じ、念仏することが往生できる唯一の道であるという教えにたどり着いたのです。

悪人正機といえば親鴬の説として有名ですが、もともとは法然が説いたものです。

誤解を受けやすい師の説を正しく伝えたのが親鴬といえます。

 

あなたを支える仏様の大いなる力

親鸞の説く〃他力″の教えを実践するのが「他力本願」「本願他力」という生き方です。

「他力本願」というと、しばしば、自分ですべきこともせずに他人の力をあてにすることととらえられますが、本来の意味はまったく違います。

また、「他力」は「自力」と比べると価値が低いように思われがちですが、そうではありません。

本来、「他力」とは仏教語です。

親鴬は、他人の力でも運でもない、仏様の大いなる力に限定して、「他力とは如来の本願力なり」といっています。

「本願」とは、「すべての人を極楽浄土に往生させられないのなら、私は仏にならない」とまで誓った阿弥陀仏の切なる願いですから、「他力本願」は〃阿弥陀仏による浄土往生の約束″を表します。

阿弥陀仏のはたらきかけがあるからこそ、私たち凡夫は極楽浄土に往生し、さとりを開くことができるということです。

たとえるなら、他力とは、光のようなものです。

阿弥陀仏 後光

物を見るのは自力ですが、物を見ることができるのは、闇のない明るさのなかで可能となります。

つまり、仏の光明こそが物事の真相を見せる力であるわけです。

このように、自分が今生きていることを支える力を他力というわけです。

一方、他宗派では、自ら修行を積んでさとりを得ようとする自力を旨としています。

たとえば、禅宗では坐禅によってさとりを目指しますし、密教では回峰行や滝行など修行が厳しいことで有名です。

親鴬は、天台宗の総本山である比叡山で二十年間も厳しい修行を続けましたがさとりを開くことはできませんでした。

しかし、法然に出会って初めて阿弥陀仏の本願の真実に目覚め、救われたのです。

他力を他人の力や運を頼りにする意味に解釈してしまうと、それこそ、人まかせ主義や横着者を生み出す教えになってしまいます。

親鴬がいう〃他力″とは、自分を捨てない強くたくましい生き方をいうのです。