浄土宗と浄土真宗は、いったい何が違うの?

浄土宗と浄土真宗は、いったい何が違うの?

法然と親鸞

親賛は、浄土宗の宗祖・法然のもとで、ひたすら念仏をとなえる「専修念仏」の教えを学びました。

「たとひ法然聖人にすかざれまゐらせて、念仏して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからず候ふ」(たとえ法然上人にだまされて、念仏をとなえて地獄に堕ちたとしても、まったく後悔はありません)これは親鴬の一言葉をまとめた『歎異抄』の一節です。

師である法然への信頼がにじみ出る言葉です。

法然

この言葉からもわかるように、親鴬自身はあくまでも法然の弟子として念仏の教えをひろめました。

ではなぜ㈱浄土宗を受け継がずに浄土真宗の宗祖とされるのでしょうか?さまざまな事情がありますが、一つには、法然教団の組織を受け継いだのが親鴬とは別の門流であったことがあげられます。

法然にはさまざまな門弟がいて、教えの受け止め方もいろいろでした。

そんななかで親鴬は法然教団の組織よりも、教えを継承してさらに発展させました。

ですから、法然の教えの延長線上に親驚の教えがあります。

法然は、ひたすら念仏をとなえれば、賢者も愚者も貧富の差別もなく誰でも、阿弥陀仏の救いによって必ず極楽浄土に往生できると、やさしく人々に教えました。

この法然の「専修念仏」の教えは爆発的なブームを呼び、当時まだ貴族のものでしかなかった仏教を万人のものにしました。

親驚はそれをさらに深めて「念仏と信心は切り離せない」という考えに至りました。

信心とは、阿弥陀仏の救いを疑いなく信じ、すべてをゆだねる心のことです。

よく浄土宗は「念仏為本」で、浄土真宗は「信心為本」だといわれます。

じっはこれは、違うことをいっているのではありません。

法然の「念仏為本」とは、浄土往生のための仏道修行はいろいろあるけれども、念仏こそが基本だということです。

親鷲はさらに、その念仏といっても信心を基本とするものでなければならないと「信心為本」を説いたのです。

親鸞

もともと、法然と親驚の教えは同じですが、その説き方にそれぞれ特徴があったといえます。

説き方の違いを病人のお見舞いにたとえれば、法然は「お見舞いの花束を渡しなさい」といい、親鴬は「お見舞いの気持ちを伝えなさい」といいます。

もちろん、法然はお見舞いの気持ちを花束という形に託していったのであり、親鴬は、花束という「形」にこだわるあまり、肝心のお見舞いの「気持ち」を忘れることがあってはならないと、法然の教えをていねいに述べたのです。

つまり、二人のいわんとしていることは同じです。

念仏とは、阿弥陀仏の真心を疑いなく受け取る「信心」が基本であり、そこに「念仏」という形が伴うのです。

だから、たくさんとなえたほうがよいとか、一回でもよいとか、そうした議論は形に終始するもので、肝心の心を忘れたことになってしまうのです。

それはあたかも、お見舞いの花束は一輪でもよいのか、たくさんがよいのか、といった形にとらわれて、大事な心を見失うことと同じです。