終の棲家で家族だけの法要をされる場合戒名ではなく故人の呼び名のほうが胸に残るのであればそれでもかまわないのでは…。

それにお墓の形状も今では色々と存在し古くは決められた形状のものでしたが最近は和風洋風色々な、墓石が増加傾向にあるようですし、自由な形状にする人も、増えてきた模様です。
今ではお寺などは葬儀式や法要で読経する人という心象が強いですが、そもそも宗教者とはお釈迦様の言い伝えや、仏教などを正確に理解しやすく、知らせるのが本義なのです。
仏式のケースでは安置は北枕がベストだとされていますがご遺体の安置の方法についてはキリスト教・神式など仏式以外の別々の宗教・宗派によってルールが変わります。
終の棲家で家族だけの法要をされる場合戒名ではなく故人の呼び名のほうが胸に残るのであればそれでもかまわないのでは、無いんじゃないかと思います。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要は寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)の準備や本位牌の手筈など準備を事前にすることが多いので、(いつまでに何をするべきか)きっちりと確認しておく必要が大切です。

浄土真宗ではどちらの如来をご本尊様と考えてもどれもこれも菩薩に通ずるとした経典ですが、死者宅で葬式を葬式をするときは、本尊様として軸を使うことがあります。
ご家族・親戚と特定の皆さんをお誘いして、お見送りが出来る、催しを、「家族葬」というようになり、現在では、拡がって、こられたそうです。
火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)にあたる仕事をする人は過去から坊主が人々の中に入り道端に見捨てられた遺体を集め、供養して火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)したことがはじめとして、『オン坊』と言われるようになったのだろう。
多くの宗教者によって母の救いになることだと信じお参りした結果母は餓鬼の恐れから逃れ、それがお盆の始まりだと言い伝えられています。
現状まで仏事文化を間に僧侶と大衆はギリギリで繋がりを持ってきたが、その仏事においても、宗教離れが始まった。

長い期間用いられていた仏壇には傷や汚れのへばり付き木地の反り金具の劣化、彫刻の損傷金箔のはがれ、等で、印象が衰えます。
祭事はお寺の宗教者による授戒(仏門に入る人に戒律を授ける)と引導(仏を彼岸に導く)を行う宗教儀式で、原則的には遺族のみが列席されていたようです。
仮に葬儀式場ひとつにしても大きなホテルのホールが良いという想いもあれば、お寺の格式ある情景の中で、お別れしたいと希望される家族もいらっしゃいます。
鮮魚や野菜とは裏腹にピーク時があるものではないですし一切見ないでとやかく考え込むより、まずは実際に見て、自分の好みの色や、石肌石目を発見してみましょう。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要の忌明けまで行使するというのが普通でお通夜や葬儀に参列出来なかった友達や知人が、弔問に訪れた場合には、後飾り壇でお線香をあげ手を合わせていただきます。